のぼりのデザインデータの失敗しない作成方法はありますか?

のぼりの制作で失敗する人・成功する人の差!

デザインデータを失敗しないように完璧にすると言っても、デザイン用と印刷用のデータはまったく別もの。まずはその違いを知ってから完璧をめざそう!

のぼりの制作で失敗する人・成功する人の差!のメイン画像

のぼりのデザインデータの失敗しない作成方法はありますか?

一般によく言われているデザインデータですが、それと印刷用のデータとは意味が異なります。

完璧にしても無駄になることが多いので注意しましょう。

■入稿データの意味を正しく理解しておくこと。

“失敗しないデザインデータの作り方”、絶対に失敗しない方法は何かというと、何よりも先にのぼりの印刷をお願いするショップを決めておくことです。

のぼりショップにはそれぞれ指定の入稿用データがあります。

納品時にはそのデータを送ることが前提になっています。

それを無視していくらデザインデータを完璧につくっても、受け付けてくれないショップが多いです。

■データは置き換えるので完璧に意味はない。

のぼり旗の印刷ショップが求めているには、デザインデータという感覚ではなくて、むしろ印刷データと言ったほうが的確です。

客側が指定外の書式で作ったデータは、ショップの印刷担当者が自社指定のデータにすべて置き換えてから印刷に回しています。

客側が一生懸命にデータをつくること自体、ムダなことになります。

■デザインを完璧にという考え方ではなく、印刷データを完璧にするのが、本来の入稿のセオリーです。

一般的にのぼり旗のデザインを入稿するときはデザインデータと言っていますが、本来は印刷データのことを指しています。

したがって印刷所が指定するデータフォーマットでなければ意味がありません。

何回も同じのぼり店にオーダーするなら指定のフォーマットを学習しましょう。

そうでない限り、デザインはデザインデータとして区別しておいたほうがムダがありません。

Google
www を検索 のぼりの制作で失敗する人・成功する人の差!を検索
(C) www.vegrains.org. All Rights Reserved.