オリジナルのぼりをデザインするときの最大のポイントは?

のぼりの制作で失敗する人・成功する人の差!

オリジナルのぼり制作のポイントは絞り込みを徹底してスッキリ仕上げること。文字数や色使いを欲張ってしまうと、伝えたいことがわからなくなります。

のぼりの制作で失敗する人・成功する人の差!のメイン画像

オリジナルのぼりをデザインするときの最大のポイントは?

オリジナルのぼりは、個性が出せて訴えたいことを自由に描ける反面、内容がゴチャゴチャで意味をなさない作品が多くあります。

徹底的な絞り込みに挑戦しましょう。

■絞り込んでコンパクト。

色使いもシンプルに。

オリジナルのぼりをデザインするときの最大のポイントは2つあります。

1つは絞り込みを徹底すること。

2つめは色使いを欲張らないことです。

のぼりは面積が小さく、そのうえ縦長のスペースです。

この限られたスペースの中に、伝えたいことをきっちり入れ込んで一目瞭然にするには、何を訴求すべきかを思いっきり絞り込んでいきましょう。

■文字数も色味も欲張らないことが大事。

たとえばキャッチフレーズやタイトル、特徴など、あれもこれもと欲張って文字数が多くなってしまったら、店頭にきたお客さんの目には止まりません。

何が言いたいのか、読まなければわからないのぼりは失格です。

お客さんは立ち止まって読んではくれません。

色使いも大胆に数を絞って、「地色+白色+3色」程度にすると、スッキリして目立つのぼりができます。

・イベント用のぼりなら町の外観に合わせた色味にすることも大事ですね。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/fukuoka_city_election/article/464677/

■文字数も色使いも絞り込んでコンパクトにまとめ、短いフレーズと鮮やかな色でインパクトを与えましょう。

キャッチフレーズやタイトルはできるだけ短く。

2つのフレーズを組み合わせて1本にするくらいが限界です。

期間限定、早い者勝ちなどのあおり言葉は、タイトルとは別に図形化して目立つようにレイアウトします。

食物・食事系なら暖色が基本、夏の暑い時期の飲み物などは寒色系が基本です。

色を使いすぎるのは迷彩服のようになって逆効果です。

Google
www を検索 のぼりの制作で失敗する人・成功する人の差!を検索
(C) www.vegrains.org. All Rights Reserved.