オーダーメイドの結婚指輪ってどう?

結婚指輪は既製品のものも素敵なデザインがたくさんありますが、自分たちだけのオリジナルデザインの指輪が良いと、オーダーメイドで注文するカップルもいます。

オーダーメイドの結婚指輪はどのように作っていくのでしょう。

【セミオーダーとフルオーダー】

指輪のオーダーメイドには、セミオーダーとフルオーダーがあります。

セミオーダーとは既製品のデザインにアレンジや素材を追加してオリジナルの指輪を作ることです。

フルオーダーはデザインからすべてオリジナルのもので、じっくりお店と話し合いながらオンリーワンの指輪を作ります。

【フルオーダーの流れ】

フルオーダーの結婚指輪が出来上がるまでの流れをご紹介しておきます。

お店によって多少の流れの違いはありますが、あまり大差ないと考えてください。

まずはお店でカウンセリングを行います。

どんな結婚指輪を望んでいるのか、ふたりの好みなどを伝えることで、ジュエリーデザイナーやジュエリー職人が一緒に結婚指輪を作っていきます。

まずデザイナーが手書きでデザイン画を作ります。

そして見積もり、3Dデータの作成、ワックス原型でデザインの最終確認が終わったらプラチナや18金を使って指輪を作ります。

完成までは1か月半くらいかかるので、早めに取り掛かる方が良いでしょう。

【来店予約をしておくと便利】

フルオーダーで結婚指輪を作るなら、お店に行っていろいろ打ち合わせをしなければなりません。

今ではどのお店もホームページがあり、来店予約ができるようになっています。

前もって予約しておけば待ち時間もあまりなく、スムーズですからぜひ来店予約をしてから行くようにしてくださいね。

コメントは受け付けていません。