ダイヤモンドのカラーについて

ダイヤモンドは4Cで価値が決まると言われています。

鑑定書にも4Cが記載されていて、どれほどの質のものかがわかるようになっています。

4Cの中で、カラーという項目がありますが、これには二つの意味があるのはご存知でしょうか。

一つが「無色性」もう一つが「カラーダイヤモンド」のカラーです。

《無色性のカラーとは》

空気中には窒素が存在しますが、ダイヤモンドもこの窒素の影響を受け、黄色く変色しているものがあります。

ダイヤモンドは、無色透明の方が価値があるとされていて、鑑定書では最高のDランクからZまで表記されます。

一般的にはD、E、Fが良いと言われています。

婚約指輪などは、無色である、汚れがないというF以上のものを選ぶことが多いです。

私たちが見てDかFかを見分けることは不可能で、鑑定士しかできないものです。

《カラーダイヤモンドとは》

カラーダイヤモンドでも、天然のものか人工的に色をつけたものかで値段は大きく違ってきます。

天然のカラーダイヤモンドは希少なものであまりありませんが、人工的に色をつけたものは、きれいな色のついたダイヤモンドが欲しいという人もいるので人気があります。

特にピンクや赤は婚約指輪で選ぶ人が多いですね。

天然のピンクダイヤモンドもありますが、かなり高価なのでなかなか買えないのが現実のようです。

ピンクダイヤモンドに関するこんな気になる記事見つけました>>世界最高級83億円のピンクダイヤモンド、競売へ

《婚約指輪として選ぶなら》

婚約指輪として選ばれるのは、純白のドレスに合わせた無色透明のカラーのものが多いです。

しかし、かわいらしい純粋なイメージからカラーダイヤモンドも選ばれるようになってきたようです。

どちらが正しいというものではありませんので、自分の好みに合った方を選ぶと良いでしょう。