年齢に合ったダイヤモンドとは?大きさとは?

ダイヤモンドを選ぶ時は、カラット数を重視してしまいがちですね。

そうなると値段も気になりますし、値段を気にするとダイヤモンドが小さくなるのでどうしたら良いかわかりませんね。

ダイヤモンドは、年齢に合わせた選び方があります。

《年齢に合わせた選び方とは》

一般的に、若い時はダイヤモンドの質よりもデザインを重視する人が多いので大きさをメインにして選ぶ傾向にあるようです。

しかし、年齢を重ねてくると大きさよりも質が良いものを求めるようになります。

手元で美しく輝くダイヤモンドが良いと思うのですね。

もちろん、これは好みですから若くても質にこだわって選ぶという人もいます。

《年相応のダイヤモンドの質とは》

ダイヤモンドは鑑定書にある4Cで選びます。

より大人の女性に合うダイヤモンドは、カラットなら0.4以上、クラリティはIFかVVS-1、カラーはF以上、カットはエクセレントがおすすめです。

鑑定書にはわかりやすく書かれていますので、誰が見てもわかるようになっています。

これは、一般的な婚約指輪よりもややグレードが高いです。

《将来のことを考えて選ぶ》

よく、婚約指輪をもらったけれど、何年も経ったらタンスの肥やしになっていてもったいないという声を耳にします。

せっかく良いものをもらったのですから、いくつになっても使いこなしたいものです。

何年か経ち、リフォームして使うことを考えると良い質のものを選んでおくと飽きずに使うことができます。

将来のことを考えて婚約指輪も選ぶようにすると良いですね。