ダイヤモンドの鑑定で重要視されているもの

宝石店でダイヤモンドの指輪やネックレスを見ていると、どれもきれいに輝いていて見とれてしまいますね。

どのダイヤモンドもきれいなのでどれでも同じかと思いますが、微妙に違いがあります。

自分の好みでダイヤモンドを選んでも良いのですが、項目に沿って客観的に格付けされた鑑定書を参考にするとより質の高いダイヤモンドを選ぶことが出来るでしょう。

では鑑定書をどのように見ればよいのでしょうか?

ダイヤモンドの鑑定で重要とされている4C(カラット、カット、カラー、クラリティ)、それがどう評価されていればよいのか、どの程度のものであればおすすめなのかお話しします。

《カラット数の選び方》

ダイヤモンドはカラット数が大きいほど輝きます。

しかし、カラット数が大きくなればなるほど、値段も高くなりますよね。

婚約指輪で購入する時、「私の指は細いから大きなダイヤモンドは似合わない、小さめでもきれいに輝いていたら良いわ」と0.2カラットくらいのものを選ぶ人がいますが、長年使うのであれば、0.3カラット以上のものを選ぶ方が良いと言われています。

《カットの選び方》

ダイヤモンドの輝きはカットで大きく差が出ると言われています。

カットについては肉眼でみてもわからないので、鑑定書でチェックすることになります。

一番良い評価がエクセレント、次がベリーグッドですが、婚約指輪を選ぶのであれば、エクセレントがおすすめです。

《カラー、クラリティの選び方》

カラーは色、クラリティは透明度をあらわします。

カラーは無色であればあるほど良いと言われ、鑑定書でD、E、Fくらいのものが良いとされています。

クラリティは石に内包物がどれだけ入っているか、傷はあるかということですが、これは肉眼ではわかりませんのでSIクラス以上のものであれば良いとされています。

これらのことを参考にして、ダイヤモンドを選ぶと良いでしょう。